×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


作詞作曲/とと 編曲/WoodstocK



刻の雫



今は昔 宵の闇は深く
明けの空は 真珠色に染まり

飛鳥の地に 茜さす夕暮れ
影は伸びる どこまでも蒼く



ココロハ シズムユウヒニ

イツシカ トマッタセカイセオイ

オモカゲ オモイモスベテ

ワスレテ



頬をつたう 刻の雫
ひとつ ふたつ 君が微笑む

募るは 万葉の想い うた
風に託して 夢に還る



西の空に 焔が舞うころ
ときを告げる鐘が鳴り響く



ネガイハ アマカシコエテ

イツカハ フタタビコノバショデ

カナウト ミチカケカゾエ

シンジテ



頬をつたう 刻の雫
ひとつ ふたつ 季節は巡り

独り佇む この場所で
君にとどけと 宙にうたう



過ぎし日々を 鮮やかに映し
水は刻む 悠久の ときの音



頬をつたう 刻の雫
ひとつ ふたつ 君が微笑む

初霜白菊 悴む手 そっと触れた



頬をつたう 刻の雫
ひとつ ふたつ 季節は巡り

募るは 万葉の想い うた
君にとどけと 宵を翔けてゆく



-終-